Asura鯖に生息する変態モクソによる、暇で暇でどーしよーもない時に更新する日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笑えばいいと思うよ

私は今、龍のねぐらにいる。
ここ、龍のねぐらに、今、廃人と呼ばれる人達が何十人も集まっている。
私がその廃人の数に圧倒されていると、

「ハハハ、今日はまだ少ないほうさ。100人超える事も普通だよ、マイケル」

と自慢気に話しかけて来た彼は、友人であるエルヴァーンのトムだ。
最近HNMLSなるものに入ったらしく、すっかり廃人気取りである彼の装備は全身リザードだ。

おっと、自己紹介が遅れた。
そう、私の名はジョン。しがない1級エリート戦場キャメラマンである。

ここ、龍のねぐらでは、俗にHNMと呼ばれている、そりゃもう半端無いモンスターが沸くらしい。
それを激写するために私が、そしてそれを討伐するために、冒険者達が集まっているのである。

私はHNMというのをまだ見た事は無いので、
それはもうスキップをしながら胸を躍らせキャメラ片手にここへ来たのだが・・・

いざ龍のねぐらに着いてみると、そこは私の予想とは遥かに違った光景が待っていた。
私の予想では、廃人達が集まり、常にピリピリとした空気を纏い、HNMが沸くその時まで
お互い牽制し合っているのかと思っていたのである。

しかし、実際はどうだろう。

みんなリラックスしてテレビや漫画を見ているではないか。
寝っ転がってPSPをしている者も何人かいる。
抽選5分前になるとコール音が鳴り、やれやれといった感じで起き上がり強化をかけ始めるようだ・・。
そして沸かなかった場合、またPSPや漫画に読みふける、以下ループ。

「おいおいトム、いつもこんな感じなのかい?」

「・・・・・。」

返事が無い、ダメだこのリザードマンどうやら寝落ちしたらしい。
抽選が長引くと例え戦場でも寝てしまうという事態もあるようだ。
冒険者というのは実に興味深いものである。



何となく抽選の時間も分かったので、私もそれまでは暇なので新聞でも読んで暇を潰す事にした。
ヴァナ・ディール経済新聞。
1級エリート戦場キャメラマンなるもの、経済状況は常に最前線のものを
仕入れておかなければならないのである。

何々、最新の競売情報は・・・





クーフリンマント大暴落!!6mから4mへ!!!
        6mで買った奴涙目に!!!!




ソードベルトNQをHQと間違えて落とすアホがいた!!!

これが我々が入手した証拠写真


          ____
        /      \
       /  ─    ─\
     /    ⌒  ⌒  \     ハハッ わろす
     |       ,ノ(、_, )ヽ    |
      \      トェェェイ   /   
       /   _ ヽニソ,  く










ぼふーんぎゅんぎゅんどーん!ぼふーんぎゅんぎゅんどーん!!

む、どうやら慟哭の谷で張り込みをしている3級戦場キャメラマンから電話がかかってきたみたいだ。


「私だ。」

「てーへんだー!! パシャ! キャメが!! パシャ!パシャ! キャメが沸いたぞおおぉおお!! パシャパシャ!!」

「フヘヘ・・・これで俺は1級キャメラマンに・・パシャ! む!?ぐああぁぁあマンティコアがああぁあ・・パシャ」





ブツッ・・・・ツーッツーッツーッ─────────



「・・・・もしもし!?おい!!もしもし?」





          ____
        /      \
       /  ─    ─\
     /    ⌒  ⌒  \     ハハッ わろす
     |       ,ノ(、_, )ヽ    |
      \      トェェェイ   /   
       /   _ ヽニソ,  く





どうやらアダマンタスが沸いたらしいが、写真を激写するのに夢中になるあまり、
マンティコアに気づかず、彼は戦場の藻屑と化してしまったようだ。
しかし、こんな事は戦場キャメラマンにとっては日常茶飯事朝飯前。
そのサヴァイバルに耐えて生き残った選ばれし少数のみが、
やっとしがない1級エリート戦場キャメラマンになれるのである。



さて、そろそろ抽選の時間のようだ・・・・。
さすがに30秒前ともなると、皆鋭い眼光で辺りを見回している。
私も、キャメラを構え、その時を待つ。
静寂の中、ただ、トンボの飛ぶ音が鳴り響く────


今回も沸かないか・・

とキャメラを下ろしたその時、周りの廃人達が一斉にスタンやフラッシュ等を唱え始めた!
私はとっさに顔を上げると、そこには挑発が着弾し暴れまわっているファヴニールがいた。

すごい反応だ・・全く沸いた事に気づかなかった・・・これがまさに

「俺達、廃人さ。」

まるで私の心を読んでいるかのようなタイミングでトムが言い放った。
彼は戦闘中だった。そう、トンボと。
仲間から完全に見放され、2秒後に彼は死亡した。
倒れた彼の頭上から、LSのマークが消えた。どうやら蹴られたみたいだ。
HNMLSの世界は厳しいものだ・・・そう実感し、彼の最後の姿を写真に収めた。



その後、私はファヴニールの姿をくまなくmyキャメラに収める事に成功した。

これで私もついに・・・

間も無くするとファヴニールは力尽き、冒険者達の前に崩れ去ったのである。
しかし、あの馬鹿でかい龍を倒すとは・・・冒険者とは一体・・・
そうだ、彼等の写真も収めておこう。
そう思い、デジョンIIで帰路に着こうとしている彼等にキャメラを向けた時、
私はファヴニールよりも凄まじいものをキャメラに捉えてしまった!

こ、これは!?

!?

こんな無残な状態になりながらも生きている廃人・・

これは・・・一体全体どんな状態なのか、私には非常に理解し難い格好である。
今まで、武器を下に置いてきんちゃん走りで走っていく実に滑稽な冒険者は見た事があるが・・。

これは、恥ずかしい

ヘリコプターを使用し、頭上から激写された写真

上半身が半回転し、腰から直角に折れている・・・。

横から捉えたソレ

この姿はまさしく、マト○ックスの主人公ネオが敵の撃って来た弾丸を避けるシーンにクリソツである。

脊髄丸出し

※グロ注意
割れた部分から脊髄のような黒い柱みたいなのが見える・・・オェッ


彼はこの後誘われ、デジョンIIで闇へと消えた────










色々あったが、兎に角すごい写真を手に入れた。
これで私の昇格は確実なものとなっただろう。
私はスキップをしながら胸を躍らせ会社に戻り、すぐさま編集長に自慢の写真を見せに行った。

「編集長ー!!」

ノックもせずにドアをブチ破り、椅子にもたれかかり寝ていた編集長がうっすら眼を開いた。

「You、何か用かNE!」

軽くキレ気味で言われた。どうやらまだ眠いみたいだが、私の写真を見れば眼が覚めるだろう。

「龍のねぐらから只今戻りました。これが、その写真です。」

私は自慢気にかばんから現像したばかりの写真の束を取り出し、デスクに置いた。

「無事、生きて帰れたみたいDANA。どれどれ・・・」

一枚一枚写真を手に取り、だまって頷く編集長。
やはり昇格は確実だ───

「ふむ、これは良くファヴニールが撮れてるNE、素晴らしいYO!」

「・・・む!?こ、この写真は一体!?」

編集長の手が止まった。
そう、アノ、例の写真で。

「気持ちわりぃ格好してるだろ、参加希望出してるんだぜ、それ・・・。」

私は淡々とした口調で、そう呟く。眼には涙が溢れていた。

編集長は私の泣き顔を見ると、すぐに写真に視線を戻した。

「・・・・・」

しばしの沈黙の後、編集長が閉ざしていた口をゆっくり開いた。

「・・・ごめんなさい。こういうとき、どんな顔すればいいのか、わからないの。」

私は満面の笑みで泣きながら応える。

「笑えばいいと思うよ。」




          ____
        /      \
       /  ─    ─\
     /    ⌒  ⌒  \    END
     |       ,ノ(、_, )ヽ    |
      \      トェェェイ   /   
       /   _ ヽニソ,  く



コメント
これには本当にウケた(笑
でも笑うのは良いことだよ 
( ゜∀゜)アハハ八 八 ノヽ ノ \ / \
2008/10/27(月) 12:31 | URL | ざな #-[ 編集]
マトリ----ックス!

きめえwwwwwwwwww
2008/10/27(月) 13:20 | URL | マゲタル #-[ 編集]
>>ざな
ありがとう。゚(゚^∀^゚)゚。
だよんな~色々あっても常に笑って生きていたい揉んだよな!
,、'`,、 (´∀`) ,、'`,、
それよりこの主人公のジョンは実は1級エリート戦場キャメラマンなんかでは無いっていう
伏線が散りばめられていてだな・・・


>>マゲタル
このマトリックスにはさすがにびびったわwww
なんてったってこの格好のまま走るんだからな!ww
でもどうやら他の人からは普通に見えてたらしく、聞いて見たらPCが処理落ち?とかすると
稀によくなったりするらすぃ(´Д` )
俺のPCだとテラー中に装備変更とかして点滅した後は、
毎回変なポーズでテラー状態になってるんだけど、みんなはなってないのだろうか・・(´_ゝ`)
2008/10/29(水) 11:53 | URL | あぎと #GffwWkGU[ 編集]
どうもギリアムです
初コメ失礼

HNMの世界はそんなもんです
地上三種やアトルガン三種は
pop間隔と出現時間がある程度決まり切ってるので
それまでみんなゆったりしてるんです

俺もそんな張り込みしてた頃がありました(遠い目
本気でHNMの戦利品が欲しけりゃ
いつ沸こうがどこで沸こうが張り込まなきゃならんのです

一回や二回PM9時とかやりやすい時間に
張り込んだだけで廃人気分の奴は

ぬるい

んな廃人の経験談なんてどうでもよくなるくらい

マトリックスきめえええええええええええ!!!!
よくこんなの撮れたな…
2008/10/31(金) 10:10 | URL | ギリアム #-[ 編集]
>> ギリアムすぁん

究極廃人のお出ましだぞぉ!!パシャパシャ!!
張り込みはだるいねぇww
カメとか散々待たされた挙句NQとかだともうね。゚(゚^∀^゚)゚。プギャー

あとツーラーLSさっさと消えてくれおー!( ^ω^)

マトリックスは故意的に出来ればかなりボケのレパートリーが広がるのに
できない!できにくい!!
2008/11/01(土) 14:21 | URL | あぎと #GffwWkGU[ 編集]
マイケルって呼ばれてるのに実はジョンってところでワロス
キャメラっていうところでワロス
誤落札でギガワロス
トンボ討ち死にでテラワロス




でもマトリックスで笑えなかったのはなぜなんだぜ?
2008/11/05(水) 02:52 | URL | ジェラ #RWLNmTs6[ 編集]
>>ジェラさん

ワロスの階段上る~キミはまだ~えるヴぁんーさ~
細かいところにも気づくのはさすがだNE( ^ω^)

別に細かくもないか(´_ゝ`)

マトリックスでワロスえないのは、このマトリックスをしている救世主ネオヴぁーんが
ジェラさんと同じフェイスだから彼の痛みが伝わってしまったんだよ;;。゚(゚´ω`゚)゚。ニャー


けど本当はたぶんグロイから( ´゜,_」゜)
2008/11/06(木) 08:13 | URL | あぎと #GffwWkGU[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
リンクはフリーダム(^ω^) プロフィール

Author:あぎと
Profile

→めりぽ状況
→モンク装備
→忍者装備
→侍装備
→赤と黒の装備
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
オセロ
やりたくてやるんじゃない。             やってしまうのがオセロ。
by Orfeon
おぃィ!レベル2に勝てないんだが?
FC2カウンター
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。